すっきり ほっこり にっこり日記

訪問マッサージをしています。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
現在時刻
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    2013年が始まりました。
    0

        *:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜


                 あけましておめでとうございます。

                旧年中はたくさんの方に支えていただき
                   とても感慨深い一年でした。


               今年はより一層皆さんの笑顔に出会えるよう
                     頑張って参ります。


                  よろしくお願い申し上げます。


        *:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜



      今年の干支「巳」(み、し)という字は、
      蛇が冬眠から覚めて地上にはい出す姿を表しているとも言われ、

      「起こる、始まる、定まる」などの意味があるそうです。


      「巳」を動物にあてはめると「蛇」
      脱皮をすることから「復活と再生」が連想でき

      長く生きることから「神の使い」としてあがめられる
      縁起のいい干支ですね〜


      巳の持つ探究心と情熱を持って
      今年も精進していきたいと思います。













      | 訪問マッサージ日誌 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      新患さんからお問い合わせ
      0
         大型連休が終わりましたね。
        いかがお過ごしでしたか?

        介護に携わるお仕事の方は
        総じて祭日返上でお仕事をされていたと思います。
        お疲れ様でした〜〜〜

        私は3日の日にお休みをいただき

        結構体力、気力を使う仕事なので
        体を休め、心を整え
        結構、有意義に過ごせたと思います。


        連休が明けて、
        さあいつものようにガンバロ〜と思っているところに
        一本の電話がありました。


        ご家族からのお問い合わせでした。

        「訪問マッサージがあるって聞いたんだけど
        マッサージの間はつきそいしたほうがいいですよね?」

        「お金はいくらくらいかかりますか?」
        「病院の先生が書いてくれるやろうか(同意書を)」
        「週どれくらいしたらいいですか」
        「膝の痛み、マシになるやろうか?」

        たくさん質問をいただきました。


        患者さんはこの方の実母で
        訳があって娘さんの嫁ぎ先に身を寄せられているのです。

        相談できる家族が数人いらっしゃるので
        話し合いをして決めるとおっしゃいました。

        患者さんは今すぐにでも訪問マッサージを受けたいのですが

        ご家族の意向もあり
        その結果、どうなるのか
        しばらく時間がかかりそうです。

        お一人暮らしなら
        ケアマネージャーさんが間に入ることで
        話し合いは割とスムースに進みます。

        頼る人が多いほど
        いろんな意見が出てまとめにくい面もあり

        患者さんの希望が必ず通るということではなく
        少し残念に思うこともあります。


        ご縁がつながることを祈っています!


        | 訪問マッサージ日誌 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        巣立ちの季節です
        0

          いよいよ来週から4月。
          新しい環境へ巣立ちの準備が忙しい時期ですね。

          我が家でも娘が実習のため県外へ飛び立ちます。


          マッサージ訪問先のお宅でも
          一番末っ子のお孫さんを都会へ送った方がいて
          感極まったおばあちゃまは涙涙涙。

          小さい赤ちゃんから見守り続けて大きくなった感動もあれば、
          新しい環境になじめるのか心配する気持ちや、
          うれしさ、さみしさ、いろんな気持ちが交錯しますよね〜〜


          その涙を見て
          お孫さんと30数年前の自分の姿が重なります。

          私も故郷を離れ大阪へ。

          大都会はまず人が多くてびっくりしたこと。
          電車を汽車だと言って笑われたこと。

          地下鉄にはじめて乗ったとき目的地に着いたものの構内をウロウロ。
          いくら歩いても青空が見えません。
          ここは地下だということに気がつき階段を上がった、なんてことも。

          だけど一人暮らしは貴重な体験。
          今となっては夢のような時間だったな〜〜と。


          マッサージをしながらちょこっとお話していたら

          (−−)zzz.。ooOO○


          泣き疲れかな。

          うんうん、おばあちゃん業も大変ですね〜〜


          お孫さんが安心して学業に励めるように

          おばあちゃんも元気でいようね〜〜

           (◎⌒ ⌒◎)

          | 訪問マッサージ日誌 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          雨が降ろうと、ヤリが降ろうと
          0

            訪問マッサージは
            外出が困難な方にベッドサイドまで伺います。

            着替えの必要なし。
            家族の介助もなし。


            住み慣れた我が家で
            医療マッサージを受けることができます。


            ですから
            風雨など天候の心配や
            寒い、暑いなど季節も関係なく

            雨が降ろうとヤリが降ろうと
            大魔王(?)が降ろうと・・・

            安定して施術を受けることができます。

            みなさん部屋着だったり、パジャマだったり
            そのほうがかえって運動しやすい利点もあります。



            以前、いつもパジャマ姿しか見たことのない方と
            ディケアで偶然お会いしたことがありました。

            頭はベレー帽に眼鏡をかけて
            ニコニコ微笑みかけて
            手招きまでしてくださったんですね。

            カッターシャツにおしゃれなジャンパー姿の
            とっても素敵なおじいさん。

            シューズの名前を見て
            ようやく気がついた次第。

            失礼いたしました


            家ではほとんど寝たきりですが
            介護保険があるおかげで
            送迎付きで手厚い介護を受けられる時代になりました。

            この方のように
            介護保険と医療保険をうまく組み合わせて
            毎日を快適に過ごす方も増えています。




            | 訪問マッサージ日誌 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            ホットパックをお届け〜♪
            0
              大型寒波がドカッと居座っている日本列島。
              今が一番寒い季節ですね。

              こんな時期、とっても喜んでいただけるのが
              湿性のホットパックです。

              1時間程はあたたかさが続き、
              電気のあんかとはまた違った魅力があります。

              蒸気が出るので
              皮膚に優しく乾燥を防ぎますし

              膝や腰に乗せるなど広い範囲を
              温めることができます。

              その後でマッサージを行えば
              スムースに運動に移行できます。

              今日は午後からKさん宅へ訪問マッサージ。
              Kさん宅にお届けします〜〜



               
              | 訪問マッサージ日誌 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              増えて喜ぶしわの話
              0
                しわと言えば、女性の天敵ですよね

                顔にできるしわは困りますが
                増えてうれしいしわがあります。


                訪問マッサージと運動療法の依頼を受けて
                Kさんに初めてお会いした時には
                歩行困難のみならず
                手指の拘縮がきついため手が自由に使えない状態でした。

                充分に曲がらなためバーにつかまることも難しく
                力も弱いので物をよく落とします。


                長い時間曲げていない関節には
                あるはずのしわがない上、皮膚はピカピカと光っています。

                早く訓練を開始しないと固まってしまうギリギリの状態でしたが
                訪問看護師さんの機転でお声をかけていただいたのです。


                Kさんと私の2人3脚が始まりました。

                曲げる際には苦痛が伴いましたが
                Kさんもよく頑張ってくれたし

                何より関節が炎症することなく経過したので
                運動を続けることができたのです。

                屈曲だけではなく伸展、回旋しながら
                関節の遊びも増やしていきます。

                小指は一番力の弱い指ですが
                物を握る要は小指の働きがあってこそ。

                他の指の5倍は動かしました。



                その甲斐あって3カ月が経った頃
                うっすらとしわ(というより線です)が入り
                Kさんとバンザイ\(@^o^)/

                今では鉛筆のような細いものでもつかめるようになり
                握力も17Kgまで回復。


                1本が2本になり、しわがより深く刻まれ
                状態に比例して増えるしわ。

                これほどうれしいしわがあることを
                その時身をもって体験したのでした。

                | 訪問マッサージ日誌 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                時には自作のマシーン?も使います。
                0
                  病気やケガは予期せぬこと。
                  症状によっては生活が180度変わることもあります。

                  Nさんは事故に遭い頸髄を損傷、
                  全身に重い後遺症が残りました。

                  自転車でいろんな所へ出かける活動的な方でしたが
                  一転して自宅で療養する身に。

                  寒い冬が来ると
                  膝折れによる歩行困難や両上肢のしびれ、腰痛、こむらがえり・・・
                  目には見えない症状と戦っているのです。

                  握力も弱く、物を落とすことが多くなってきました。

                  そこで・・・
                  マッサージに加えて
                  直径3センチの麺棒に1メートル程度の紐を結びつけて
                  くるくる巻き取る運動をしてもらうことにしました。

                  力がついてきたら紐の先に重りをつけるといいです。

                  テレビを見ながらでもOK!
                  腕をのばしてするので
                  握力や上半身全体が鍛えられます。


                  筋力をアップするには毎日の積み重ねですね〜〜
                  地道に貯金ならぬ「貯筋」が大切です。
                  | 訪問マッサージ日誌 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  ご近所のSさん宅へ訪問マッサージ
                  0
                     いつも車で通りながら何となく気になる場所。
                    そんなところからご縁をいただくことがたまにあります。


                    Sさん、83歳。
                    いろいろ病気を抱えながらも
                    元気に過ごされていましたが憩室炎で入院。

                    2週間の入院で
                    あれよ、あれよという間に足が弱ります。

                    退院してからも
                    病室と間違えて階段から落ちたり
                    貧血がひどくて頭もふらふらしており

                    内科と外科にかかりながらも
                    Sさんの一日は
                    ほとんど寝て過ごす生活になってしまいました。


                    そんなSさんを見かねて
                    リハビリを勧めてくれたのが娘さん。

                    すぐケアマネジャーに連絡をして
                    こちらに依頼が回ってきました。

                    ベッドからの立ち上がりも不安定で
                    歩行にも介助が必要です。

                    常に目が離せないので
                    夜中のトイレに付き添う奥さんにも疲労がたまってきます。

                    少しでも早く
                    下肢の筋力を取り戻さなくては。

                    Sさんのマッサージと運動療法が始まりました。

                    (現在はリハ開始4か月目に入り、ADLも改善されてきました)

                    その経過を綴っていきたいと思います。


                    | 訪問マッサージ日誌 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    マッサージを加えたリハビリ
                    1
                    昨年の11月からYさんの訪問マッサージが始まりました。

                    脳梗塞で半身マヒになって10年。
                    最近よく転倒するようになり
                    PTさんによるリハビリを受けておられました。

                    患側の関節可動域訓練に加え
                    転倒からの立ち上がり、筋力トレーニング。

                    どれもがYさんにとって最高の訓練のはずが・・・

                    どうにもリハビリが気に入らず
                    何人ものPTさんの交代がありました。

                    長い人で半年、短い人では数回で交代したそうです。

                    家族もケアマネさんも困って説得にあたりますが
                    どうしても首を縦に振りません。

                    どうしてでしょう?


                    Yさんは少しつらい訓練が
                    歩行改善のためになることがわかっていても
                    これ以上健側に無理をかけたくなかったのです。

                    訓練のためYさんの体に現れた「筋肉痛」は拒否をする気持ちからより一層痛みを増し

                    これ以上訓練を受けたくない、
                    (健側を)大切にいたわりたい。

                    その気持ちが充分伝わってきました。


                    運動をするにしても準備が必要です。
                    体がほぐれれば心もほぐれます。

                    その働きをするのがマッサージだと思います。


                    私はマッサージをしながら
                    関節を広げ、ストレッチをして、足を上げたり、
                    おまけに自宅を案内してもらいながら歩行訓練。


                    少しずつ負荷運動も加わった今日この頃です。

                    | 訪問マッサージ日誌 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    お正月を自宅で。
                    0
                       普段はお姉さんと二人暮らしのE子さん。

                      年末に退院の運びとなり
                      無事にお正月を自宅で迎えることができました。

                      マッサージと運動も再開し
                      ご本人の意見に耳を傾けます。

                      目標は自力で車いすに移乗し
                      食事を作ること。

                      その夢を叶えるため
                      ベッドからの起き上がりや端座位を保つことを訓練し始めました。

                      | 訪問マッサージ日誌 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP