すっきり ほっこり にっこり日記

訪問マッサージをしています。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
現在時刻
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    訪問マッサージの定義
    0
       
      Q、訪問でマッサージを受けるには
      どんなものが適応症になるのでしょうか。

      A、
      病名に対する治療ではなく
      病気や加齢から派生した症状です。


      (例) 脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)
      脊髄損傷後遺症骨折術後の後遺症

      骨折術後の後遺症
      寝たきりによる廃用症候群
      リウマチ
      パーキンソン病(症候群)

      脳性麻痺
      脳挫傷

      筋萎縮性側索硬化症
      筋緊張性ジストロフィー
      後縦靭帯骨化症

      変形性疾患(変形性膝関節症や変形性腰椎症など)
      脊柱管狭窄症

      ・・・などがあって

       

      関節拘縮 神経マヒ 筋マヒ 筋萎縮 

      四肢体幹の筋力低下  歩行困難    を呈しているもの


      医療上マッサージを必要と認められるもの

       (神経痛、運動痛、筋緊張、しびれなど)  ・・・などの症状に対して


      マッサージや運動療法の有効性が認められるものに
       医師の同意があれば医療保険が適用されます。

       
      ※肩凝りや疲れなど慰安を目的としたものには適用されません。



        

      患者さんの訴えというのは
      どんなところにあるのでしょうか?

      たとえば「脳梗塞だからつらい」とはあまり言わないと思います。

      ・体が自由に動けないからつらい
      ・寝たきりで体が痛い
      ・歩くのに不自由だから転びそうになって怖い
      ・かばって歩いているから他のところも痛くなった
      ・病院に行きたいけどとても続けていけない
      ・自宅にこもってますます力が落ちた 

      ・・・などの理由からつらいのです。

      体の状態も
      筋肉が硬く伸びにくくなっていて姿勢の悪化をきたし、
      足の上りも低下してつまずきやすい状態になったり、
      疼痛が出始めると、心身ともに堪えるようになってきます。

      体が動きにくくなればなるほど一人では動けなくなり、
      介護も必要になってしまいます。

      けが、加齢により、歩行困難等、通院に支障のある状況というのは
      とても多いし悩んでいる人が多いのです。

      どなたにも起こり得ることです。

      けがや難病のため退院はできたけど
      家に帰って生活するのが大変なのです。

      日々いろんな患者さんの声が聞こえてきますが

      それをカバーできるのが
      マッサージ師としての訪問マッサージです。

      「血行を良くし関節を柔らかくし、動きやすくする」
      「転倒する前に転倒によるけがを防ぎ、寝付いた人を起こす」

      言葉で言えばとてもシンプルですが

      医療現場と介護など医療チームの連携も大切で



      「患者さんががどんなことで困っているのか」

      その視点でこれからもマッサージ師として関わっていきたいと思います。

      | マッサージ同意書について | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      カルテを読み返してみる
      0
        〇月  下肢浮腫のため足関節と膝関節が曲らない。
             ベッドから立ち上がるにも片足では力が入らず助けを必要とする。
             
             立った後も足運びが進まず、姿勢もすぐに前へ倒れる。

             腫脹高度。 施術後は足背部にしわが寄り、一時的に引くも
             すぐに腫れてくる。

             日曜日をはさんで2日ぶりに行ってみると、
             腫れのため痛み止めを飲んだとのこと。




             ・・・しばらくカルテを読み入ってしまいました。

             カルテはやはり患者さんのものですね。

             状態が手にとるようにわかり

             患者さんの気持ちの状態、私の心理、家族の言葉まで思い出しました。



             亡くなる数日前までマッサージに伺いましたが
             だんだん腫れが上肢や、背中や、お腹にも広がって

             午前も午後も看護師さんが入る状態でした。

             そして・・・

             刺激を入れすぎないように
             軽く擦るだけで終わったほうがいいと判断し

             そっと部屋を出ようとその方の表情を伺うと

             「もぅちょっとしてや〜」とおばあちゃん。

             

              亡くなる前でも聴覚や感覚は生きているといいます。

              さすがに追加でマッサージをすることはなかったですが

              二言三言、言葉をかわして「また来るきね〜」と後にしたのでした。


                                                   

                  今になって振り返ると
          
             本当にかかわらせていただいてよかった〜

             そう心から思います。    


         
         
        | マッサージ同意書について | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        マッサージの同意書について
        0
          今から5年前
          私が訪問マッサージを始めたお一人目は
          両下肢が倍以上に腫れ上がった女性の方。

          肛門ガンから骨盤内と鼠径リンパに転移があり
          腹水がたまった終末期の方でした。

          もう歩くだけの力もなく

          腫れ上がった足を家族の人が
          夜な夜なマッサージをしておられましたが
          困り果ててマッサージの相談に見えられたのでした。



          症状は上向きで寝ていても
          膝が外を向くぐらい腫れあがっていて
          赤く発赤し皮膚が肥厚しています。

          柔らかい腫れではなく
          冷たくて固い腫れです。

          足の指も
          もはや自分の力では曲げることができず
          足のしびれもあって

          すぐにでも褥瘡になるくらいの重力も
          かかとには相当かかっていたはずです。


          女性の意志ははっきりしていて
          でもだからこそつらい面も多く

          それでもいつも「ありがとうありがとう良くなった」と
          おっしゃって下さった事を今でも覚えています。

          そして同意書を書いてくださった
          お医者様へも感謝いっぱいで

          半年間、通わさせていただいたのです。


                                       (つづく)






          | マッサージ同意書について | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP